有限会社みやもと石材店

ブログ

福禄寿会 福島研修~銘石の産地を巡る~

2018年11月09日(金)

定期的に開催されている福禄寿会の研修、今回は福島へと赴きました

11/4~6の3日間の日程です

 

福島県といえば国内でも有数の石の産地、数多くの石が採掘されています

株式会社フクイシさんにお邪魔させていただきました

工場内は加工の機材が充実しています

 

福島産の石のひとつ、滝根石の原石が置いてあります

切削した面に、いくつかの黒玉模様があります

銘石といえど、目がすべて均一になっているわけではありません

いかに目の粗いところを避けて効率よく石を加工するか、腕の見せ所だそうです

 

 

その後、山の採石場を見学しました

滝根石丁場

重機と比較して、スケールの大きさが分かると思います

切削された岩盤の前で一枚

 

 

紀山石丁場

滝根石は上にある石を切削していくイメージ、紀山石は下に掘り下げていくイメージです

採掘場の職人さんたち

現場の職人さんのおかげで、わたしたちの手元に石製品が届けられます

 

東北地方の石は、西日本ではあまり馴染みがありません

ウチでもほとんど取り扱ったことがありません

しかし石目は細かくきれいで、硬度も充分です

お客様にすすめてみるのも良いかと思いました

 

 

小学生の生活科見学

2018年10月25日(木)

近所の小学校二学年の生徒さんが生活科の授業で石材店にやってきました。

 

「えがおのひみつたんけんたい」学習です

クラス3グループに分かれて、今回は石材店、ガソリンスタンド、駐在所に見学に行くそうです。

なので、11人の生徒さんが石材店にやって来てくれました

 

「石はどうやって運んできてるのですか?」

「どうやって石をつるつるにするのですか?」

「お墓の石は作るのに何日かかりますか?」

「恐竜の石はどうやって作ったのですか?」

「お墓はいくらするのですか?」

などなど・・・

生徒さんの質問に答えます

 

いくつか実演があるとわかりやすいので、クレーンで石を吊るし移動させました

 

クレーンの音が鳴り、動き出すと生徒さんが「うわぁ~~」と後ずさりながらも

興味はあるみたいで、

ここでも色んな質問をしていました。

 

グラインダーという道具で石を切る実演です

 

切った石に興味のある子、細かい石の粉を触る子、石が温かいと驚く子

飛んだ石の破片を探す子とみんなそれぞれだけど

なんだか子供らしいな~

 

本当は実際に字を彫る作業も見てほしかったけど、

時間の関係で、説明だけになりました

初めは二年生というと、どこまで説明したらわかるかな~と少し心配でしたが

お話もしっかりと聞いてくれて

色々と興味を持ってもらえたみたいで

実演中に生徒さんが「どうして?」と思う質問が嬉しかったです。

 

私たちも楽しい時間になりました。

 

今回も小さな石をお土産に渡すとすごく喜んでくれました。