有限会社みやもと石材店

ブログ

カテゴリ:研修の記事一覧

第30回仏教墓塔研修会

2018年03月07日(水)

毎年開催される勉強会で、自分は今回で15回目の参加になります。

2/13~15日の日程で、京都テルサにて開催されました。

 

会場入り口

IMG_0649

会場内のようす

IMG_0652

今回も多くの方々が参加されています。

 

 

大黒山北寺 長澤香静師の講演

IMG_0544

研修会会長 福原堂礎先生の講義

IMG_0577

 

今回もいろいろなことを学ばせていただきました

ここで文章で表記するのは難し過ぎます、、

今後、施主様にお墓を勧めていく際の糧にしていきたいです

 

講義のなかで、写経をする時間が組まれていました

漢字での写経は馴染みがありますが、今回は梵字ということで、、

IMG_3077 IMG_3078

書き方のテキストはありますが、ほとんどわかりません、、

お手本を下に敷いて、なぞって書いていきます

IMG_0594

完成

IMG_2952

書き上げるまで約2時間、とても良い経験でした

 

参加者の皆様と集合写真

IMG_0634

 

充実した3日間でした。

ありがとうございました。

庵治石大丁場見学

2017年06月13日(火)

香川県高松市から産出される庵治石の山の見学に行ってきました。

庵治石といえば品質、風合い、どれをとっても世界でも通用するグレードのもの。

サンプルや製品は見ることはありますが、山から割り出されるところは初めてです。

 

丁場の風景

IMG_0005

大きな重機がオモチャのようです

 

丁場の人から説明を聞かせてもらいます

IMG_0009

 

 

 

小割りの実演

山から割り出された石を、さらに製品に近い寸法に割ります

 

穴をあけて

IMG_0013

せりやを打ち込んで

IMG_0014

割れました

IMG_0017

きれいな割れ目です

IMG_0019

 

原石の近くで写真を撮ってもらいました

IMG_0023

これほどの大きな石を扱うとき、ほんの少しの油断や失敗で大事故につながります。

また、割り方ひとつで製品として使えるところも使えなくなるそうです。

(庵治石の性質ゆえのサビやスジが多く、墓石として使用できるのは産出量の3%程度とか)

常に気を張って、職人としての誇りをもって仕事に携わっている、と言われていました。

丁場の職人さんのおかげで私たちの手元に最高級の石が届けられるということを実感しました。

 

 

丁場から一望できる市街地

IMG_0034